白い錠剤と花
色々な薬のケースと水のグラス

日本と欧米とでは避妊薬の使用率には大きな差があります。
欧米の場合避妊をする時の手段は女性がピルなどの避妊薬を飲むのが一般的で大体その割合は50パーセントにもなります。
ということは避妊したい人の二人に一人は避妊薬を飲んでいるのです。
それに対して日本の場合は避妊と言えばコンドームがメインで避妊薬によって避妊する割合は3パーセントから5パーセントほどにとどまっています。
しかしなぜそれほどの違いがあるのでしょうか。
日本の場合避妊薬は医療機関でなければ処方できません。
避妊をするということを恥ずかしいと考える方が多いためなかなか診察してまで使いたい方がおらずあまり普及していないのです。
あと薬というものに対する考え方もあります。
病気の治療のために薬を飲むのは仕方ない事でも、命に関わる事でないのに薬を飲むのはただ体を悪くするだけという偏見があるのです。
実際のところ避妊薬にも副作用はあるものの副次的な効能もあり産婦人科医も推奨しています。
ただこれでもまだ昔に比べると普及はしてきています。
それに対して欧米の場合は医師の処方なしに薬局などで簡単に避妊薬が購入できるのです。
そのため飲み方を間違えて避妊に失敗するケースもありますがその手軽さが普及に一役買っています。
勿論ピルを通販サイトで購入することで店の人と対面せずに購入できることから精神的な苦痛もありません。
身近な人も利用しているということで普及がさらなる普及を呼んでいるというのもあります。
最近では日本でも個人輸入代行サイトが多くなっていますのでここから買う方もいます。
欧米では一般的に使われているものも買うことができ日本人にも人気です。
避妊薬についての正しい知識が広まることによりさらに普及する可能性があります。

記事一覧

楽しみにしていた旅行やイベントに生理が重なってしまうと、気分が重たくなってしまいます。 生理痛をはじ...

タバコとは違って、時には薬にもなるというお酒ではありますが、やはり飲み過ぎてしまうと、思考能力も普段...

ピルと聞くと避妊薬というイメージを抱く人が多いですが、例えば性行為前に避妊をしなかったり、避妊してい...

継続的に毎日決まった時間に服用することによって、避妊の効果があるという経口避妊薬は、わが国でも徐々に...

近年では、パソコンや携帯電話の普及が広がっており、インターネットで買い物をする方も増加しています。 ...

考える女性

避妊薬というと、昔の人は拒否反応を示す人もいるかもしれません。 しかし、医療が発達した現在、選択肢が...

笑顔の女性

避妊薬の歴史を紐解くと、経口避妊薬としてアメリカで認可されたのは1960年の頃で、日本においては19...

OKサインを出している女性

一般にはピルとよばれる経口避妊薬のようなものは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンをあわせ...

薬を飲む女性

避妊薬には避妊以外にも副効果があります。 まず卵巣がんの予防になるという効果です。 あまり知られてい...