白い錠剤と花

避妊薬の副効用とは?

薬を飲む女性

避妊薬には避妊以外にも副効果があります。
まず卵巣がんの予防になるという効果です。
あまり知られていませんが毎月排卵することにより卵巣は傷つけられているのです。
妊娠経験のある方の場合妊娠期間中は排卵しませんのでその間卵巣を休ませられますが独身で妊娠経験のない方の場合30年物間排卵を続け卵巣を傷つけ続けることになります。
それが原因で卵巣がんを引き起こすこともあるのです。
避妊薬を飲むことにより排卵を抑えられますので卵巣を休めさせられますし、子持ちの女性と同じように卵巣がんのリスクを抑えられます。
他にも女性特有のホルモンバランスが崩れることによる症状を抑えられるというメリットがあります。
例えばニキビが増えたり多毛になることを防げるのです。
生理前にイライラすることや神経質になることも防げますし生理前の嫌なこともなくなり憂鬱な日々を楽しくできます。
生理の時の血液量が多い方は貧血になることもありますがそれも軽減できるため倒れる心配もありません。
あと生理周期がきちんと28日周期になるため旅行計画を立てやすくなるのも魅力と言えます。
骨粗しょう症の解消のために避妊薬を使うこともありますがその方の年齢により利用できない場合もあります。
しかし避妊薬には沢山の副次的な効果があるので魅力があります。
ただきっちりと飲むことを忘れてはいけません。
避妊薬には偽薬が一緒に用意されていますのでそれもきっちりと忘れずに飲んで習慣を身に付けるようにしてください。
もしも間違った飲み方をしてしまいます副次的な効果を得られないばかりか避妊効果もなくなってしまいます。
安全のためにも初めてのピルの時には医師に処方してもらいましょう。

関連記事