白い錠剤と花

避妊薬は薬局で買える?

OKサインを出している女性

一般にはピルとよばれる経口避妊薬のようなものは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンをあわせてつくられた製剤となっています。
このような経口避妊薬には、定期的に飲みつづけることによって妊娠中とおなじ状態をつくり出すはたらきがあるため、排卵が起きたり、子宮内膜が厚く成長したりといったことがなくなってきます。
そのため、飲み忘れさえなければほぼ確実ともいえるような割合で、性交渉をしたとしても、妊娠を防ぐことができるのです。
しかし、微量でもかなり人体に対する影響力が大きな女性ホルモンを扱っているだけに、副作用の心配というのはつねにつきまとうものです。
避妊薬のおもな副作用としては、吐き気、嘔吐、頭痛、下腹部痛などといったものがあり、場合によって、中年以降の女性やタバコをひんぱんに吸っている女性などは特に、血栓症なども引き起こしやすいとされています。
このようなことから、経口避妊薬を服用するにあたっては、医師や薬剤師といった専門家を経由して、ただしい説明を受けることが必要であるとの考えから、医薬品医療機器等法にもとづく処方箋医薬品という種類に該当しています。
この処方箋医薬品というのは、医師免許をもった医師の処方箋がなければ入手できないというものを指しています。
したがって、薬局やドラッグストアで気軽に買おうとしても、処方箋がない限りは買うことができませんので、一般にはそもそもこうした薬剤を取り扱っていないということになります。
このように、海外から個人輸入として少量だけを入手するといった、ごく例外的な場合を除いては、薬局を通じて経口避妊薬を購入することはできないものと考えたほうがよいでしょう。

関連記事